• ホーム
  • バリフで詐欺に遭って精神的に辛くなるケース

バリフで詐欺に遭って精神的に辛くなるケース

2019年11月06日

医療機関で処方をしているED治療薬は、先発薬、ジェネリックともに確実なる効果があります。
ジェネリックに関しては、特許の切れたバイアグラのみ販売しています。
レビトラやシアリスのジェネリックを入手するなら、医療機関ではなく個人輸入で取り寄せるしかありません。

レビトラのジェネリックであるバリフは、成分特許の存在しないインドで製造・販売されています。
先発薬のレビトラとほぼ同じ効果があり、価格が非常に安いというメリットがあります。
ただし、偽物を販売しているサイトもあり、詐欺に遭ってしまう方も少なくありません。
詐欺よりも精神的に辛くなるのは、本物だと思って服用したものが、実際にはまったく別の薬だったケースです。
レビトラジェネリックなのにバイアグラの成分が含まれていたり、成分のよくわからない薬だったり、ほとんど効果のない完全なる偽物だったり、偽薬にも色々な種類があるのです。

個人輸入でバリフを購入する場合は、偽物が流通している事実を認めてください。
その上で、成分分析をしっかりと行っているサイトを選んで購入するべきです。
ただし、確実に本物かどうかは取り寄せて飲んでみるまでわからないので、最初は大量購入するのは避けたほうがいいでしょう。
大量購入するほど安くなりますが、すべて偽物だったら意味がありません。
最初は最小単位での購入にしておき、実際に服用して効果を体感してみましょう。
バリフを購入する方は、事前にレビトラを経験しておくべきです。
レビトラの利用経験がなければ、バリフの効果と比べることができません。
効果・副作用などに違いがあっても、気づくことができないからです。
個人輸入にはネガティブな印象を持たれる方が多いですが、本物を取り扱っているサイトがあるのも事実です。
本物を取り扱っているサイトを見つけたら、それ以外のサイトからは取り寄せないことです。